2017 / 05
≪ 2017 / 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日の神矢の負けで、今月のFXの損失がついに1500pipsに達してしまいました。

去年の7月からFXを始めて以来、最悪の成績です。
実は今までFXは一度もマイナスで終った月がありませんでした。
出産の後1ヶ月はトレードお休みしましたが、微勝ちで終る月があってもマイナスはなかったんです。
それが、今月の大きな負けで今までの利益も全部ふっとびそうです。

VMAとFX-AAAでちょこちょこやっていたのを、配信やシステムに手を広げてその分リスクも多くとっているので仕方ありません。ただ、例えば昨日のような相場、キャンドルスティックFXを使った裁量ならば損失をある程度回避できるのでは?と思いました。

ポン円、お昼に売りサインが出てエントリー。そこから順調に下げて夕方4時間足MA26に下ひげでタッチ。5月に入ってから、ショートは下げそうに見えてもMA26にタッチしてそこから反転していくパターンが多いので、この時点でストップロスをブレークイーブンに動かして様子見。80pipsほど利益が出ていましたが結局今までと同じパターンでMA26に跳ね返されて反転、±0で終りました。
神矢の底値売りポジションもMA26が鉄壁の守りとなって、キャンドルスティックFXならば今度はロングのサイン点灯だなあ、と思ってみていたら案の定・・・。

キャンドルスティックFXはシステマチックにも使えるのですが、裁量を入れることで損失を減らし、利益を伸ばすことができるように思います。
なんといっても直近の相場つきを見て判断できるのが、裁量トレードの強みです。半裁量・半システムで使えるのが、キャンドルスティックFXのよさでしょうか。作者のMAXさんも、そのような使い方を推奨されています。
ただ、きちうさ、日経225先物の裁量トレードで大損失を経験してから、裁量には非常に慎重になっています。株の現物、信用取引で儲けを積み上げ、先物は半年でその倍くらいの儲けを出しましたが(ひょっとして私ってトレードの才能がある?なんてうぬぼれていました)、結局それ以上の損失を一瞬でくらいました。痛い、痛い経験です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















きちうさ

Author:きちうさ

おっちょこちょいのうっかり者。チャートを眺めるのが大好きなのに、いつもその想いが一方通行のへっぽこトレーダーです。

メンタルよわよわ倶楽部会長を務めさせていただいております。只今メンバー募集中!


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。